2016年07月24日

子どものおもちゃで部屋が片付かない悩みを一気に解決できる『ボイキド(Boikido)』の知育玩具!!

子どものおもちゃは片づけても片づけても翌日には部屋中に散らかってしまいます。

もういっそのこと散らかった状態でも見た目が悪くないようなおもちゃを集めようと考えていたところ、見つけたのが『ボイキド(Boikido)』の知育玩具でした。

「知育玩具」でありながら「インテリア」としての機能をあわせ持つ魅力的なブランドにであいました。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


散らかっている方がむしろ絵になる?!

定番の『マイファーストブロック(30ピース)』は色、柄、形、大きさの組み合わせが同じブロックがひとつもありません。

積木は知育玩具の基本ですが、最初は積み上げてくずれるだけでもおもしろかったり。

そのうちにうまく積めるようになり、色と形を組み合わせ、より複雑な形作りへと想像力は無限に広がっていきます。

30ピースなので片づけに時間もかかりませんが、遊んでいる途中の状態でも、フランスの子ども部屋を彷彿とさせる可愛らしい絵柄がアクセントになり、散らかっているという印象を与えません。

私は同じシリーズの『ミュージカルブロック(12P)』を購入しましたが、音が鳴る積木に一目ぼれ。

価格も3000円未満とお手頃で、知人や会社の同僚・先輩の出産祝いなんかにもプレゼントしたいなと考えています。

ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドに見た目の雰囲気が似ているのもお気に入りの理由のひとつです。


収納ボックスも組み立てられる工具のおもちゃ

お片付けも一緒に教育できるのが『コンストラクションセット』です。

工具セットはすべて木製で、手でも付け外し可能な大きめのサイズなので小さなうちから遊ぶことができます。

車になっている収納ケースの側面にはネジ穴がたくさんついていて、そこに部品を次々と組み立てていくことが可能です。

一つのおもちゃに一つの収納はお片付け教育の基本になるので、収納と一体型のおもちゃはいくらあっても部屋が散らかりにくくなります。

タイヤが床に接する部分だけは木製ではなくゴム製になっている気づかいも助かります。

そこにあるだけで自然とフランス風のインテリアとして存在感がありながら、できるだけ木製のおもちゃを与えたいという要望にも応えてくれる知育玩具『ボイキド』

こういったブランドがどんどん日本に進出してきてくれるのはうれしいことです。

<<もっと子どもの好奇心を刺激する・親の脳も一緒に成長させるように考えて買い与えた玩具たち
posted by かんと at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック